FC2ブログ

雑誌から。140 

たちすがた

雑誌のモデルのおねーさんを描いてみました。
写真を見ながら描いていても何故かなで肩に描いてしまうミステリー。

米怪奇小説傑作集を読んでいるんですが、翻訳が悪すぎて読む気が失せます。
「~~と、ご忠告したいところですて、正直のはなし」という会話文があったんですが、この不自然な「正直のはなし」という言い回しは絶対に原文の末尾のto be frankあたりの言葉を直訳したんですよ。「ですて」は、他の文を見る限りわざと訛りを出しているようです。一昔前の翻訳では結構こういう変な訛りがよく出てきます。

それにしても、~て~て~で、という文のつなげ方をしたり、この翻訳者の文章センスはいただけません。

この本を読んだ後で岩波の英文学短編集を読んだら読みやすさにびっくりしてしまいました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する