FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまひとにゆうたらあかんで。276 

外人は頬骨高いね

模写をして描いたこの絵ですが、やっぱし嘘ばっかり描いてしまう。
特に顔の部分って、ちょっとバランスが崩れただけで似ないのでちょっとずつ修正し続けているうちに別人になりますねえ。

模写の出来る人って、決して最初っからここにこの線が入れば実物どおりになるな、と迷い無く描けるのではないと思います。
とりあえず線を置いてみて、「ちょっと右過ぎたな」とわかる人なのでしょう。
一方で私は自分の模写が似てないな、特にこの口が変だなとまではわかっても、その口をどの程度移動させればいいのかはよくわからずやってしまいます。こういうのって脳の鍛え具合が重要なのでしょうが。

でも本当に生まれつき才能に長けた人はもっと別の脳を持っているのかもしれない。
素描の天才と言われた人の、サラサラっと描いた人物画を本で見たことがあるのですが。
やはり後世に伝えられるだけあって、とても特徴が出ているし線も無駄な線が全く無く綺麗でリズミカルで、色塗らなくてこの線だけで見てても面白いなと思いました。
この人なんかは、何処に線を引けばいいのか脳が認識できているんじゃないかと。
確か18世紀くらいの人だったと記憶しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。